債権が支払えなかったら?

支払の督促を行っている側にとって、債権が回収できないというのは大きな問題であり損失となります。では、例えば私達が債権、いわば負債を抱えている場合、また、提供された商品やサービスへの代金が支払えていない状態の時、どのような対応ができるのでしょうか。やはりそういった場合も、弁護士に相談することができます。

どちらにしてもそれらは法的なトラブルであることには変わりないため、相談することによって、事態を改善させることができる、と言えるかもしれません。債務を抱えている側は、まずはすぐには債務を支払えないという事実を把握したうえで、代替手段を取るかもしれません。それは、「債務整理」等の方法です。完全に支払える状況にない場合は『自己破産』という方法を取ることもありますが、大幅に債務を減らすことができる方法について、まずは模索することができるでしょう。

弁護士に相談するなら、そのようにして、事態を停滞させたままにするのではなく、解決に向けて働きかけることができます。本来であればややこしくなってしまうような問題であっても、相談するなら関係性を失わない方向での解決方法が見つかるかもしれません。法的トラブルに直面した時は、ぜひ弁護士に相談してみましょう。

回収できないこともあるの?

私達が誰かにお金を貸していまだにそれが返ってこないとなった時、どのような状態であれば、その回収を『諦める』ことになるでしょうか。例えば、相手の経済状況が全く芳しくないという状況を、知った時かもしれません。相手に今現在支払う能力が無いことが分かれば、すぐに支払を行うようには命じられないかもしれません。同様に、売掛金回収においても、相手に支払い能力が今現在無いということが分かれば、すぐには売掛金回収は行えません。

また、お金を貸した相手が、もし『自己破産』していたりするなら、私達はその人に対して返済を求めるように言えないかもしれません。同様に、というよりもっと強い意味になりますが、相手先の会社が『倒産』しており、同時に『破産手続き』が行われている場合、そもそも物理的に本人からの回収方法が無くなっているかもしれません。

こういった場合に、いわゆる『債権が回収できない』という状況になっていると言えます。ただしこういった場合にも方法が全くないわけではありませんので、そういった点も含めて、弁護士と相談した方が良い、と言えます。難しい状況は生じ得ますが、諦めずに方法を模索することができるかもしれません。

売掛金って何?

まず売掛金の回収について考える前に、そもそも売掛金がどのようなお金なのかという点について考えてみましょう。例えば私達がとある商品をAという人物に売ることになりました。手元に商品はありますが、Aは今すぐには支払うお金がない、と言います。そこで、商品は渡すけれど、○○日までに商品代金を支払う、という約束をします。この、『○○日までに支払われる代金』のことが、いわば売掛金となります。こちらから商品やサービスなどの類は提供しているものの、すぐには売り上げが入ってこない類のものです。それは、確実に後日支払われるものである、という前提があります。

ただし、これが支払われなかったり、滞納されると売掛金のまま宙に浮いてしまうことになります。すでに支払期日を過ぎており、それでまったく連絡もないのであれば、それは契約上それが正しく履行されているとは言い難い状況かもしれません。それでどうしても売掛金が回収できない、となった時に、弁護士に依頼することで、弁護士が正しいいくつかの手順を踏んで、売掛金回収のために動いてくれますので、宙に浮いた売掛金が回収される可能性が高くなる、ということです。支払われていない「商品代金」、と覚えることができるでしょう。

弁護士に相談できること

私達が抱える問題は、ほとんどが解決するのにそこまで手間を要しないような問題ですが、そうでない場合もたくさんあります。それらの問題は解決することに何らかの弊害が生じており、祖によって解決自体が難しくなっていることもあります。どうしても自分で解決しなければならない問題を除いては、私達はそういった問題について誰かに打ち明けることで、解決を図るかもしれません。しかし、そういった悩みも、本当に良いアドバイスを与えてくれる人に求めなければ、物事が進展しないことがあります。ですから、私達はとりわけ難しい、それも法的な問題が生じた際には、専門家に相談することによって、解決を図ることができます。その『専門家』とはだれの事でしょうか。

それは、弁護士である、と言えます。あえて私達にとって親しい、相談しやすい人ではなく、弁護士を選ぶ理由があるのでしょうか。それは、確かに問題を良い方向に解決に導く必要があるから、と言えます。問題を先延ばしにすることは誰にでもできますが、それが信用関係に影響するような問題の場合、たとえそれによって少し関係が悪化したとしても、問題を放置しておくことはできない、と言えるでしょう。だからこそ、弁護士に相談して解決を図ろうとすることが重要なのです。

さて、弁護士に相談できることの一つに、『債務』や『売掛金』に関する問題があります。それらについて相談することができるなら、よりそれらの問題解決を早めることができるかもしれません。