回収できないこともあるの?

私達が誰かにお金を貸していまだにそれが返ってこないとなった時、どのような状態であれば、その回収を『諦める』ことになるでしょうか。例えば、相手の経済状況が全く芳しくないという状況を、知った時かもしれません。相手に今現在支払う能力が無いことが分かれば、すぐに支払を行うようには命じられないかもしれません。同様に、売掛金回収においても、相手に支払い能力が今現在無いということが分かれば、すぐには売掛金回収は行えません。

また、お金を貸した相手が、もし『自己破産』していたりするなら、私達はその人に対して返済を求めるように言えないかもしれません。同様に、というよりもっと強い意味になりますが、相手先の会社が『倒産』しており、同時に『破産手続き』が行われている場合、そもそも物理的に本人からの回収方法が無くなっているかもしれません。

こういった場合に、いわゆる『債権が回収できない』という状況になっていると言えます。ただしこういった場合にも方法が全くないわけではありませんので、そういった点も含めて、弁護士と相談した方が良い、と言えます。難しい状況は生じ得ますが、諦めずに方法を模索することができるかもしれません。